スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジカメ購入

1年ぶりにディズニーランドへ行ってきました。年に一度の家族サービス。
去年のエントリとさほど変わってないけど、
今回は2泊3日だったので、まったりと。
チビも大きくなったので、乗れるアトラクションが増えて楽しかったです。

行く前にどうしてもやりたかったのは、デジカメの買い替え。
FujiのF401を4年間愛用してきたんですが、
機能や画素数やその他もろもろ不満がたまっていたので、
ようやく買い替えを決意。
これにはヨメハンも同意。ホッ。

さすがに4年もたつと、デジカメの世界も様変わりですね。
各社のサイトやネットの評判などで勉強。
ヨメハンの希望は「手ブレしない、持ちやすい、使いやすい」。
で、候補を挙げる。以下優先順位順。

Panasonic DMC-FX07
Canon IXY DIGITAL 900 IS
Fujifilm FinePix F30

我ながらベタやなあ~。
でもまあ、デジカメ初心者が比較的安心して、何も考えず使うなら、
結局現状売れている機種ってことになるのかなあ。

オリンパスのμ750は台形っぱい筐体が持ちにくくてイヤ。
リコーは動画やマクロが強いらしいがそれらはどうでもいいのでスルー。
カシオのただひたすら高解像度路線もどうでもよい。
ペンタックスは知人のS6という機種を触ってみたが、ピンとこず。
ニコンも興味がわかない。

んで、実機を触りに行ってみました。以下はあくまで個人的感想です。

 FX07
  ○:手ブレ補正、広角28mm、液晶キレイ、SD、安い
    ヨメハンがコンフォートレッドの筐体カラーをいたく気に入る
  ×:ズームの挙動が遅い、画質あんまり良くないというネットの評判、
    ちょっと小さすぎて持ちにくいような

 IXY 900 IS
  ○:手ブレ補正、フェイスキャッチ、広角28mm、ズーム早い、
    SD、人気機種
  ×:高い、四隅流れ、電源ボタン押しにくい、
    バッテリーアラート不親切、背面の質感がチープ、
    背面のボタンレイアウトが使いにくそう

 F30
  ○:高感度、高感度2枚撮り、バッテリー持ち、iフラッシュ、
    ズーム早い、ズームがレバーではなくボタン、安い、
    室内・夜景に強いらしい、適度な大きさで持ちやすい
  ×:手ブレ補正なし、広角なし、600万画素、xDの将来性

店頭で触ったカンジではF30がいちばんしっくりきました。
でも手ブレ補正なしってのはイタイなあ。
高感度なので手ブレしにくいらしいけれど。
900 ISは却下。FX07も気になる。

しばらく悩んでいると、F31fdが発売。
顔キレイナビ機能が搭載されたF30のマイナーバージョンアップ版らしい。
店頭で触ってみてもイイカンジ。
でも出たばっかりで高い。となりのF30は安い。FX07も安い。どーする?!

結局、F31fdに決定!
顔キレイナビは便利そうだし、ディズニーランドの夜景をキレイに撮りたいし、
デジカメプリントのFujiの画質が気に入ってるし。

本体 39000円、xDピクチャカード512M、ハクバのセミハードケース、ネックストラップ
F401下取りで2000円引きで 43000円ほど。
全然激安ではないけど、まあいいか。

前機とは比べ物にならんくらい高機能なので、取説を読むだけでも大変でした。
顔キレイナビは、確かに正面を向いていないと認識されにくいですね。
小首をかしげても認識しないときも。
でも正面を向いているときはビシッと認識・追従します。すごい!

ヨメハンの手ブレも大幅に減りました。
皆無ってわけにはいかないですが、満足している模様。
バッテリもめちゃくちゃ持ちますね。300枚くらい撮っても全然平気。

ライトアップされた夜景やエレクトリカルパレードに挑戦してみましたが、
そもそもどのモードで撮ればよいのかが、いまいちわからん。
夜景モード? 花火モード? ブレ軽減モード?
結局、フラッシュを使わずブレ軽減モードでISOを上げて撮影した場合が
失敗が少なそうと判断。
三脚を使えばまた別なんでしょうけど、まあこのへんは試行錯誤していくとして。

添付ソフトのFinePix Viewerが大幅アップしてました。
なんかいろいろコマンドが増えて、便利になってましたが、
単体では画像一枚を開けられず、外部アプリを使いようになってました。
ファイル管理・転送機能に特化して、
大きく見るならお好きなアプリを使ってね、ってことですか。
ん~個人的にはちょっと残念。

年末年始で価格が下がるのは悔しいところですが、F31fdを買って満足です。
買い替えはまた4年後かな?
スポンサーサイト

テーマ : デジカメ
ジャンル : 写真

CS2 Premium購入

InDesign CS2-ME版で作成された多言語ドキュメントを
加筆・修正してCS環境で開けるデータにする、という仕事が入ってきました。
ME版って何じゃ?とググってみました。
「Middle Easten版」なんてのがあるんですね。

まずは手持ちのCS日本語版で開けるかやってみましたが、ダメ。
リンクAI画像も開けないものがあります。
英語版Illustrator CS2では開けられます。
InDesign CS2日本語体験版をダウソしてやってみると、開けた。
そのまま下位互換で保存。CSで開けた!

カタログ製作時にパーツとして使ってくれ、と送られてくるデータの中にも
Illustrator CS2でないと開けないものも出てきたし、
先日のライセンス改定や今後のことも考えて、
今更ながら、CS2 Premiumのアップグレードパッケージを購入しました。
勿論、2.3無償アップのシール付きです。ああ、どんどん金が出て行くなあ…。

とりあえずCS2全部をインストールしてみました。
インストール前に体験版を削除、Acrobat 7 Standardも削除。
インストール自体は問題なかったんですが、Adobe Bridgeが重過ぎませんか?
Stock PhotoとかVersion Cue 2とか、
よくわからん(使い切れない)のもインストールしていると、
何も立ち上げてないのに、メモリを500MB以上消費してます。
たぶん使えると便利なんだろうけど、今後勉強するとして使わないので削除!
やっと軽くなりました。

よしよし、と思っていると、今度はFrameMakerからPDFを作成できない。
リンクEPS画像はカラーなのに、FrameMaker上のオブジェクトや文字が全部グレーになってしまう。
いろいろやってみたがダメ。
たぶんBridgeとかVersion Cue 2とかそのあたりが影響してるのかも。
結局、CS2すべてをアンインストールし、まずAcrobat Proだけをインストール。
FrameMakerでの作業を確認。
無事カラーで保存できることを確認し、InDesignとIllustratorをインストール。
FrameMakerで確認後、InDesignとIllustratorのCS、CS2それぞれの動作を確認。
よしOK。
Photoshopとその他は今回は無視。またいずれ。

Bridge使用前提だからなんでしょうけど、
アイコンがサムネールにならないのはやっぱり不便ですねえ。
InDesign CSからリンクAIを開こうとすると、
Illustrator CSが立ち上がっているにもかかわらず、CS2が立ち上がるのも不便。
なので、TRO庵さんから「いーぴーせれくと」と「いられせれくと」をダウソさせてもらいました。
これがなきゃ、やってられん。

以上、すべてWindows環境での検証でした。
最近Winにばっかり金つかってるなあ。
カタログ製作ではMacをガシガシ使ってますが、
未だにOS9でAI8だし、投資する必要ないしなあ。

テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

新モニタ購入

隔月で訪れるカタログ2本同時進行地獄からようやく解放されました。
あ~つかれた。

モニタがとうとう限界を迎えてしまったので、ついに新モニタを購入。
以前のエントリでいろいろ検討していましたが、決意しました。

あこがれのL997です!

やはり1600×1200はデカイですね~。
慣れてないので、画面の端へのカーソル移動が遠い。
さらに以前から使っていた15インチの液晶も、
デュアルのサブ用に接続しているので、ものすごく広くなりました。

WinとMac、両方にDVIで接続しました。
Quicksilverのビデオカードは、当初デフォルトのRADEON 7500のまま。
VGAとADCポートがあるのですが、
ADC-DVI変換アダプタってどこ行っても売ってないですね。
ヤフオクとかも考えましたけど、
結局RADEON 8500のバルクをVintage Computerさんで購入。
晴れてQSもDVI接続となりました。

色調整とかいろいろ追い込みたいところですが、
仕事がつまっていて、ほとんどいじれていません。
キャリブレータを使ったことがないので、この際購入してみようか、とも。
Eye-One Display 2なんてどーかな?

テーマ : 周辺機器
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

ぱさみみ

Author:ぱさみみ
どっちかってゆーと、ミハル・ラトキエが好き。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。