スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キーボードで困った

いよいよ英語環境の構築です。
XP Pro、FrameMaker 7.2、Illustrator CS2、Acrobat 7 Pro、
Norton Antivirus、それぞれの英語版が揃いました。
内蔵用リムーバブルHDDケースとHDDも用意。
日本語OS起動ドライブと英語OS起動ドライブを、
リムーバブルケースで着脱切り替え、という作戦。
新規にマシンを構築すればいいんだろうけど、もう金がないです。

英語OSのインストール時に、いきなりトラブル。
他のドライブなどが認識されなくなってしまった。
知人にヘルプを頼んで、なんとか英語OSのインストール完了。
丸一日つぶれました。

その後、各種アプリをインストール。
アップデータをそれぞれ適用。
これでとりあえず、英語環境が整いました。

ところが、キーボードで困りました。
日本語OSの時は、AppleK Proをインストールして、
Mac用JISキーボードを快適に使っていたんですが、
英語環境になると、どーしたもんやら。

なんとかcommandの代わりにctrlを押そうとしてるのですが、
やはり親指が勝手にcommandキーを押してしまいます。

日本語WinでMac用キーボードを使うTipsはたくさん発見しますし、
英語版Winで日本語Win用キーボードを使う、とか
英語版Winで日本語入力をおこなう、ってのもヒットしますが、

英語版Winで日本語Mac用キーボードを使う(しかもJIS)
ってのは全くヒットしません。orz

まあ、JISキーボードとして使うのは、ハナからあきらめてますので、
脳内変換で @ は shift + 2 とかで対応できるのですが、
commandキーとかoptionキーなどだけでも、Macライクに操作したい。

ネイティブの人も当然そう思っている人が多いだろうから、
そうゆうページもあってもよさそうなもんだけど、
私が英語が読めないからか、発見できません。

どなたか、英語版WinでMacキーボードを使えるTipsやユーティリティを
ご存知のかたはいらっしゃいませんか?
スポンサーサイト

テーマ : Windows 全般
ジャンル : コンピュータ

ArialとHelvetica

PDFとかPostScriptの勉強を怠ってきたツケが回ってきたようです。

FrameMaker 7.2でArialを使用しているデータ。
FMから直接PDF保存の場合、埋め込めるが、
PSファイル書き出し後、DistillするとHelveticaに替わってしまう。

PSファイル書き出し時の[プリンタ設定]の
[プロパティ]‐[詳細設定]‐[グラフィックス]‐[TrueTypeフォント]のプルダウンを
[デバイス フォントと代替]から[ソフト フォントとしてダウンロード]
に変更して書き出してDistillすると、
Arialのまま埋め込めることまでは、なんとかわかりました。

つながっているPSプリンタにはArialが無いから、
Helveticaに変換してやったんだよ、
だけどArialのまま出したいなら、変換せずに、
システムにインストールされてるフォントをそのままダウンロードさせるよ、
ってことだと理解はしてるんですが、自信ないっす…。

WindowsでイラレやインデザのCSを普段使っているので、
あんまり意識してなかったんですが、
このへんのフォント周りのこと、難しいです。
この程度の理解度では、PDF/X1aで入稿なんて、怖くてできそうも無いです。

テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

FMのカテゴリ追加

今後の自分の覚え書きをかねて、
FrameMakerのカテゴリを追加っと。

テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

もうすぐ稼動…か?

FrameMakerでのマニュアル作成の案件、揉めにもめておりまして。

クライアント、クライアント指定の印刷会社さん、翻訳会社さん、
そして当方との四者の打ち合わせで喧々諤々やってるんですが、
ようやく始まりそう。いや~ここまでくるのが長かった。

当方で作成するのは日本語データと英語データ。
英語データはOSもアプリも英語版で作成しなければならないので、現在調達中。
ものすごい出費だ。ペイできるのかしらん?

翻訳会社や印刷屋によって、やり方はいろいろあると思いますが、
今回初めてFMを使うということで、ある程度こちらのやりやすいような
ワークフローで動くことができそうです。

まず日本語データを作成。その後英語環境にて英語データを作成。
英語データには2バイトを介在させてはならないので、
先に作った日本語データをテンプレートとして使うことはできないが、
今後のことも含めて、とにかくFMの操作に慣れて、
英語環境でスムーズかつ安全に作業を行えるようにするのが課題なので、
このへんはクラも了承済み。

問題は納品形態。
ややこしいのは、日本語版は2バージョンを作成すること。
クラの名称で1冊作って、それを元に製品名や細部を少々変更して、
OEMとして別バージョンを作ります。
オリジナルはスミ一色ですが、この別バージョンはスミ+特色。
しかも印刷屋には、印刷用データとしてPDFで納品せよ、とのクラ指令が。
なんとかFMのネイティブデータで出稿させてくれないか、と頼んだのですが、
そもそもこの印刷屋がFMを持ってないらしい。
ん~ここらへんは、いろいろ大人の事情が絡んでまして以下略。w

よりによって、FMが最も苦手な印刷用PDF運用とは…。

WinのFMからPDFを書き出すと、RGBになってしまう件。
連日いろんなページをググって調べたんですが、
こればっかりはもうどうしようもない問題みたいですね。

書き出されたRGBを単純にCMYKにするだけだったら、
Acrobat Proでいいんでしょうけど、
今ぶつかっている壁は、特色2色データの問題。
プラグインとかいろいろデモ版ためしたりしたんですが、いまいちですねえ。
(Grafikhuset CMYK PDF CreatorってAcrobat 7は無視っすか?
Distiller 7で動かん!ってか、ケミカル・リサーチやる気あんのか?)

結局、FMでPSファイル書き出し時に色分解指定して、C版とK版だけ書き出し。
Disitillして1ファイルPDF。これでいくことになりました。
面付けとか、かな~り不安なんだけど、大丈夫なんだろうか…?

とりあえず、最も大きな問題だった、出稿データ形態については、
ひとまず解決。(ってことにしておこう)
しかし、まだまだ課題は山積みなのであった。

つづく…かもしれない。

テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

FrameMakerの勉強中

FrameMakerを導入し、日々の作業に追われながら、いろいろ検証しております。
InDesignやPageMaker、Illustratorとはインターフェースが全く異なるので、
直感的に作業がしにくい。
そのつどマニュアルや参考書で確認。
FMのマニュアル、図版がほとんど無いので、なんだかわかりにくいんですよね。
テキストばっかり。
操作の結果の図版がのってないので、逐一自分でやってみなければならない。
まあ、習得という意味ではそれに勝るものはないんですけどね。
印刷物のコスト削減か何か知らんが、それならせめて、
ヘルプファイルには図版をのせてほしい。
印刷物とほとんど同じ内容しかのっていない。
あ、FMの特徴である「ワンソース・クロスメディア」を体現しているわけか。w

某社さんのマニュアル作成時の依頼事項で、
Quark→PageMaker→InDesign(win)と製作ツールが変わってきたのですが、
今後はFMにしてほしい、とのこと。
何やら壮大な計画を立ててらっしゃるようなのですが、
振り回されるこっちには、たまったもんじゃないんですがねえ。

で、FMでの案件がまもなくスタートしそうなんですが、
始まる前からいきなり問題が大発生しています。
う~ん、大丈夫なんだろうか。


と思っていたら、別のクライアントから仕事の依頼が!
「OS9のPageMakerで製作してください」

・・・お客様は神様です。orz

テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

ぱさみみ

Author:ぱさみみ
どっちかってゆーと、ミハル・ラトキエが好き。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。